女性

iphoneのアプリ開発をするなら業者に委託しよう|開発マスター

このエントリーをはてなブックマークに追加

費用の相場

アプリケーション

スマホが普及したことで、アプリ開発をする人や企業が増えてきています。思い描いている通りのアプリを作って、それを販売できるというのは魅力的ですが、アプリ開発をする場合コストがかかるので注意しておいたほうが良いです。専門業者にアプリ開発を依頼する場合、「工数×1時間あたりのエンジニアの売値」によって費用が決まることが多いです。そのためシンプルなアプリの場合は、比較的すぐに作ることができるので、専門業者に依頼してもアプリ開発の費用は安いのです。逆に、開発するのに難しいような機能のアプリの場合は、時間がかかってしまうので費用も高額になるのです。また、アプリ開発の知識や経験というのは、専門業者によって異なるので見積り金額も大幅に異なります。ですから、まずは相場を知るためにも、複数の専門業者から見積りをとって比較したほうが良いでしょう。

依頼する専門業者や、開発するアプリのジャンルによっても変わってきますが、アプリ開発の相場としては1月で40万円~50万円程度になります。上級プログラマや高度な開発が必要なプリの場合は、80万円以上かかることもあります。1月で40万円~50万円になるので、アプリ開発にかかる期間が3ヶ月になると、120万円~150万円はかかることになります。ジャンル別のアプリ開発相場は、ショッピングカード系が10万円~300万円、ゲーム系が300万円~1,000万円となります。他にも、通話系やカタログ系などさまざまあるので、相場を確認しておいたほうが良いです。